ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
バイオダイナミック農業の生産物は、食べる人の人生の課題に気づき、行動する力を与えてくれると言われています。
ソフィア・ファーム・コミュニティはバイオダイナミック農業を実践し、心の栄養となる生産物を供給していきます。
ソフィア・ファーム・コミュニティの活動を通して、少しでも地球を癒せればと思っています。
皆様のお力をお借りして、野菜や動物を育て、環境に配慮し、
地球を癒す生き方にチャレンジする多くの方に、学びの場を提供できればと願っています。
どうぞ皆様、ソフィア・ファーム・コミュニティーの活動にご協力ください。(「ご協力へのお願い」チラシ

HOME

★最新の日記(recently-entry) [日記トップ(Diary Top)]
2019/08/20
My Plan for SFC  ソフィア・ファーム・コミュニティの私の計画
[ベン/ Ben CampbellComment(0)]


I’m sorry for what I said about quitting.I’ve been under a lot of stress lately. My shoulder is getting better now and I’m ready to get back to work.Instead of quitting I must work harder. Rudolf Steiner worked himself to death to help us.I may do the same ,If I don’t get hit by a truck or something like that first. I really believe in what Konomi and I are trying to do for Anthroposphy and the Earth. My mother told me that what we are doing is more important for the world than to be with her at home. So I must be doing the right thing in her eyes.

私がほとんど辞めると言ったことについては申し訳ありませんでした。最近、私は多くのストレスにさらされています。でも私の肩が良くなり、仕事に戻る準備がほぼできました。私は辞める代わりに、もっと頑張らなければなりません。 ルドルフ・シュタイナーは私たちを助けるために死ぬまで働きました。私は同じことをするかもしれません、もし私がトラックまたはそのようなものにぶつけられなければ。笑 私はこのみと私がしようとしていることが、人智学と地球のためになっていると本当に信じています。私の母は、私たちがしていることは、家で(母と)一緒にいることよりも世界にとってより重要だと私に言ってくれました。だから私は母の目にも正しいことをしているに違いないと思いました。

I have made a plan for Sophia Farm Community using the concept of a threefold social order by Steiner. I divided the 110 hectare into 3 sections.A Bio Dynamic farm, Eco village and a wildlife refuge for honeybees. We bought this land because we feel we can be totally self sustainable. We can generate our own electricity, grow almost all our own food, make clothes, have a school, a clinic, manage the forest for our wood working needs, entertain and be creative. I wrote an article about an idea of having farm managers to be in charge of doing things that they love to do and be contributing to the greater good of the whole community. Ubuntu in Africa is an idea about community worth looking into also. The Amish community in America is a prime example of how a big family farm is surviving ,or should I say striving.

私はシュタイナーによる3つの社会秩序(社会3層構造)の概念を使用して、ソフィア・ファーム・コミュニティの計画を立てました。(ソフィア・ファーム・コミュニティの総面積)110ヘクタールを3つのセクション、バイオダイナミックファーム、エコビレッジ、ミツバチの野生生物保護区に分割しました。私たちはこの土地が完全に自立できる場所になると感じたので、この土地を買いました。私たちは自分たちの電気を生み出し、ほとんどすべての自分たちの食べ物を育て、服を作り、学校、診療所を持ち、木材の仕事に必要な森林を管理し、これらを楽しく、創造することができます。私は、以前ファームマネージャーが彼らがやりたいことをし、コミュニティ全体のより良い利益に貢献することを担当するという考えについての記事を書きました。(2016/04/17
How I see Sophia Farm Community)アフリカのUbuntuは、コミュニティも検討する価値のあるアイデアです。 アメリカのアーミッシュのコミュニティは、大きな家族農場がどのように生き残っているかを示す代表的な例です。

Three things are needed for a community to get started.1 is land.We have the right place for it. 2 is concept. We all agree to take care of the land and each other.Live simply and simply live. 3 is people.That’s where we need help. If you can come to our farm I can explain our beginning plan for the future of this community, but without people it is only my dream floating around in other people minds.

コミュニティを始めるには3つのことが必要です。1つ目は土地です。私たちはそれに適した場所を持っています。2つ目は概念(コンセプト)です。 私たちは皆、土地とお互いの世話をすることに同意します。3つ目は人です。そこで助けが必要です。 あなたが私たちの農場に来ることができれば、私はこのコミュニティの将来のための私たちの最初の計画を説明することができますが、人なしでは、それは他の人の心に浮かぶ私の夢に過ぎません。


It takes a special kind of person to join this idea of a community. It was easy for me to decide this for I have no children and can do more for the community without having to take care of our children. I love children and I believe it is right for their future. We can be off grid, teach our own young ones, take care of our elderly and live like God intended for us to live on this Earth. God did not say go to work and pay taxes. I think he intended for us to take care of the Earth and ourselves and be happy.

コミュニティというこのアイデアに参加するには、特別な人が必要です。私には子どもがいないのでこれ(コミュニティのために働くということ)を決めるのは簡単で、子供の世話をすることなくコミュニティのためにたくさんの時間を使うことができました。私は子どもたちが大好きで、このコミュニティは子どもたちの未来にぴったりだと思っています。私たちはオフグリッドでいること(外からのエネルギーを買うことなく生きること)ができ、自分の若い人たちに教え、高齢者の世話をし、私たちがこの地球上で生きようとする神のように生きることができます。神は私たちに仕事に行って税金を払え、とは言って痛いと思います。 神は私たちが地球と自分自身を大事にし、幸せになることを意図していたと思うのです。


There is a lot more I want to say and some of you have already heard me talk about our farm plan. The fact of the matter is we need people to be that small family farm that the United Nations has said can change the world’s food. energy and environmental crisis we are in now.

私が言いたいことはもっとたくさんあります。あなた方の何人かはすでに私が農場計画について話しているのを聞いています。問題の事実は、国連が世界の食糧を変えることができると言っている小さな家族農場であることが人々を必要としているということです。現在はエネルギーと環境の危機です。



I will be going to the states for a family wedding and attend the Southeastern Bio Dynamic conference in Tennessee ,October 4,5,6. I will be presenting my idea for a community and tell of the Bio Dynamic situation here in Japan and Taiwan. I will need someone to help Konomi and Marino while I am gone. We need someone to help make hay if the weather is good enough. Milking and gardening, basic farm chores also. I’ll come back 9 October. I will still need help when I return to finish the roof on the barn before winter and fencing and many other things. We are lucky to have some good volunteers now, but they will leave before I come back.

私は家族の結婚式のためにアメリカに戻り、10月4,5,6日にテネシー州で開催されるアメリカ南東部バイオダイナミック会議に出席します。私はコミュニティのために私のアイデアをプレゼンし、ここ日本でのバイオダイナミック農業の状況について講演します。私が行っている間、このみとマリノを手伝ってくれる人が必要です。天候が十分であれば干し草を作るのを手伝ってくれる人が必要です。搾乳と畑仕事、基本的な農場の諸々な仕事なども。私は 10月9日に戻る予定です。私が戻ったあとも、冬の前に納屋の屋根を仕上げたり、牧柵を作るためにも、私はまだ助けが必要です。幸運なことに、今は優秀なボランティアがいますが、私が戻ってくる前に彼らは去ってしまいます。


Thanks to all of you who have helped us on the farm so far. Please come by sometime and lets talk about what we can do together for the next generation.

Until we meet again.
Love and Peace be with you.

これまでファームで私たちを助けてくれた皆さんに感謝します。いつでもファームに来てください。そして次世代のために一緒にできることについて話しましょう。またお会いする時まで。

愛と平和があなたと共にありますように。




[ベン/ Ben CampbellComment(0)]

Edited by このみ/ Konomi Campbell 2019/08/20 16:30:08
Last Modified 2019/08/20 18:11:44





ソフィア・ファーム・コミュニティーの目指すこと (Our mission)

「全地球上のできるだけ多くの地域に、
調剤を使えば、地球は癒されることでしょう。」
 by ルドルフ・シュタイナー

ソフィア・ファーム・コミュニティーは、
調剤を必要とする人々のために調剤を作り、
多くの人々がバイオダイナミック農業者になるのを
できる限り応援したいと思っています。

私たちは、私たちがいるところを愛し、
行うことを愛し、共にいる人々を愛するでしょう。
愛は、私たちが必要とするすべてであるからです。
世界人類が平和でありますように!

Our mission is
"to make the Biodynamic preparations available to the largest possible areas over the entire Earth,so that the Earth may be healed and the nutritive quality of its produce improved in every respect."
just as Dr. Rudolf Steiner said in 1925 at his agriculture course in Europe.

We will sell our preps to anyone who wants to use them on their farms and do not want to make them themselves.And we will teach anyone who wants to make their own preps and how to use them.We will raise cattle and other livestock and operate a C.S.A. garden Biodynamically as an example and teaching tool.We will try to become Demeter certified or keep with the Demeter standards as much as possible.We will offer education on Biodynamic topics and events in our diary on our homepage to keep you nformed.We love where we are at.We love what we are doing.We love who we are with.Love is all we need.

▲TOP


メンバー(Member)
 
Ben Campbell

アメリカ、ウエストバージニア州出身、ブロック建築家を長くしていたが、地球を癒したいと思い立ち有機農業を始めた。バイオダイナミック農業を知り、地球を癒す方法はこれだ!とひらめき、テネシー州のバイオダイナミック農場で研修。
2007年 ジョセフィンポーターバイオダイナミック研究所でこのみに出会い、共に日本のバイオダイナミック農業の発展を目指す。このみのパートナー。
現在、株式会社ソフィア・ファーム・コミュニティ代表取締役、日本バイオダイナミック協会理事を務める。

Ben Campbell from southwestern Virginia. Born in 1957. Bricklayer by
trade, farmer at heart. Ben has been gardening organically for over 12
years on his small farm in VA and wants to help heal the Earth. He is a
brick oven builder and an apprentice baker. Ben decided to devote the rest
of his life to the Biodynamic movement in April 2007. Apprenticed with
Jeff Poppen BD farm in TN until Dec 2007 Moved to japan with wife Konomi in
February 2008. Then Ben & Konomi started Sophia Farm Community since then.
Now, Ben is one of managing director of corporation Sophia Farm Community and one of directors the Biodynamic agriculture association of Japan(BAAJ).
  キャンベルこのみ

横浜出身。1994年〜1996年までアメリカのシュタイナーカレッジで学ぶ。1996年〜2007年まで、北海道伊達市にある日本初の人智学共同体「ひびきの村」の設立に関わり、そこのリムナタラ農場とウインディーヒルズファームを担当し、調剤作りを含めバイオダイナミック農業の実践を行う。
2007年春より独自の農場設立を目指し、2008年春に更別村で就農するが借地のため移動しなければならず、2009年秋に十勝の本別町に農場ごと引越し、今に至る。
ベンのパートナー。
現在、株式会社ソフィア・ファーム・コミュニティ代表取締役
▲TOP


リンク (Link)
▲TOP



--- お問い合わせ(Contact us) ---
北海道中川郡本別町西美里別707-1 ソフィア・ファーム・コミュニティー
May Peace prevail on Earth!

Copyright © 2008-2019 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com