ソフィア・ファーム・コミュニティー [バイオダイナミック農法]
A Biodynamic CSA Farm
based on Rudolf Steiner's indications for a healing, ecological, and spiritual approach to a sustainable care of the Earth.
バイオダイナミック農業の生産物は、食べる人の人生の課題に気づき、行動する力を与えてくれると言われています。
ソフィア・ファーム・コミュニティはバイオダイナミック農業を実践し、心の栄養となる生産物を供給していきます。
ソフィア・ファーム・コミュニティの活動を通して、少しでも地球を癒せればと思っています。
皆様のお力をお借りして、野菜や動物を育て、環境に配慮し、
地球を癒す生き方にチャレンジする多くの方に、学びの場を提供できればと願っています。
どうぞ皆様、ソフィア・ファーム・コミュニティーの活動にご協力ください。

HOME

★最新の日記(recently-entry) [日記トップ(Diary Top)]
2021/07/26
ファームの生活 ー朝仕事編ー
[ファームメンバーの記事/ Farm member ArticlesComment(0)]
皆さんこんにちは!
今回からファームメンバーとして書くことになった、あいです。
5月末からここソフィアファームにて研修生として働いています。

私の初めての投稿として、まずはファームでの1日を紹介したいと思います。

(と思い書きはじめたのですが、朝仕事編だけでも書きたいことがありすぎて!
「朝仕事編」「ガーデンワーク編」に分けることにします(^^;)


私はファームの敷地内に建てられた、タイニーハウスに住んでいます。
この家はBenとファームメンバーの皆さんが、私がここに来る前にセルフビルドで作ってくださったのです!
この家でほぼ日の出と共に起床し、一日が始まります。

朝は、4時40分から行われる「ゲーテの自然観察」の会からスタート。
これはバイオダイナミック農法を生み出したシュタイナーの考え学ぶことを目的として、このみさんとファームメンバーで行っています。
朝日を浴びながら、自然の対象物をじっくり観察、スケッチし、瞑想、そしてお互いの気づきを共有します。またの機会に、この会についても詳しく書けたらと思います。

そしてそれが終わると5時30分から牛たちのお世話に行きます。
ここの牛たちは、ひろーーーーい放牧地で生活しており、なんとも穏やかな、健康的な牛たちなのです。

私の仕事は、牛が飲むための水を補給し、牛舎の糞を取り除きお掃除。
牛たちが気持ちよく寝ることができるように干し草を敷いてあげます。
そしてひろーーーーい放牧地を歩いて行き、15頭いる牛たちが全員いるか確認します。
ここで、え、、それめちゃ大変やないの、、どんだけ歩くねん、、と思ったあなた。

そんなことはないのです。
牛はですね、群れで移動するのです。
だからみんなで同じところで草を食べて、またみんなで移動して食べて、休んで、という感じ。



さらには、牛たちを愛し、牛たちに愛されているBenが「come on〜〜」(発音はカモォォォォン)
と呼ぶとみんなで一斉に牛舎に集まって来たりもするのです。
私もこの境地に至りたい!笑
もちろん放牧地の遠くの方にみんなでいることもあるので、そんな日は朝の散歩がてら探しに行きます。



そしてみんながいることを確認し、牛たちをなでたり話しかけたり触れ合います。
今の時期はハエやアブがたかってしまうので、牛が自分では届かない所をさすってあげたり、
'good girl, good boy!' と声をかけてあげます。
普段から優しい声をかけていると、
いざ牛を移動させたり、危険を知らせるときに、その声色の変化に反応してくれるのだそう。

そしてもう一つの仕事は、雌牛が発情していないかを確認することです。
一頭の雌牛が発情していると、その牛が他の牛に乗っかろうとしたり、乗っかられたりします。
そして興味深いのは、雌牛同士でも、一頭の雌牛が発情していると乗っかり合いが起こるんです。
日々牛を観察していると色々な発見があります!


また、牛たちがいる牧草地には、このみさんとBenが何年もかけて調剤を撒いてきており、草の質もとても良くなっているそうです!
私も、今年の夏至の翌朝に501番を散布しました。

このように朝の牛の仕事では、単に餌をあげるのではなく、牛たちの様子をちゃんと確認したり触れ合ったりしています。

今まで書いたのは私が朝に行っている仕事で、それと同じ頃、このみさんとNeoさんは乳牛の搾乳をしています。
もちろん機械ではなく、手で搾乳しています。



私がこのファームに来て初めて気がついたことは、牛のミルクは一頭一頭味が違うということ。
牛乳を毎日4ℓ(!)飲んでいるBen曰く、クリーミーなミルクやさっぱりしているミルク、一頭ずつ個性があるそう。
たしかに、そりゃそうだ。
でもスーパーに並ぶ牛乳はぜーんぶ同じ味をしている、、、

おかしいですね、おかしいけど、それが当たり前としか思わない。
自分たちが口にしている食べ物がどのようにして生み出されているのか、少しでも知ることで、新しい気づきがたくさん生まれると思います。


さて、私たちの朝の仕事が少しでも伝わったでしょうか!?

それでは初回投稿はこの辺で、次回はガーデンワークについて書きたいと思います!



[ファームメンバーの記事/ Farm member ArticlesComment(0)]

Edited by ファームメンバー 2021/07/26 08:11:23
Last Modified 2021/07/26 09:24:39





ソフィア・ファーム・コミュニティーの目指すこと (Our mission)

「全地球上のできるだけ多くの地域に、
調剤を使えば、地球は癒されることでしょう。」
 by ルドルフ・シュタイナー

ソフィア・ファーム・コミュニティーは、
調剤を必要とする人々のために調剤を作り、
多くの人々がバイオダイナミック農業者になるのを
できる限り応援したいと思っています。

私たちは、私たちがいるところを愛し、
行うことを愛し、共にいる人々を愛するでしょう。
愛は、私たちが必要とするすべてであるからです。
世界人類が平和でありますように!

Our mission is
"to make the Biodynamic preparations available to the largest possible areas over the entire Earth, so that the Earth may be healed and the nutritive quality of its produce improved in every respect."
just as Dr. Rudolf Steiner said in 1925 at his agriculture course in Europe.

We will share our preps to anyone who wants to use them on their farms and do not want to make them themselves.And we will teach anyone who wants to make their own preps and how to use them.We will raise cattle and other livestock and operate a C.S.A. garden Biodynamically as an example and teaching tool.We will try to become Demeter certified or keep with the Demeter standards as much as possible.We will offer education on Biodynamic topics and events in our diary on our homepage to keep you informed.

We love where we are at.
We love what we are doing.
We love who we are with
Love is all we need.

▲TOP


メンバー(Member)
 
キャンベルこのみ


横浜出身。1994年〜1996年までアメリカのシュタイナーカレッジで学ぶ。1996年〜2007年まで、北海道伊達市にある日本初の人智学共同体「ひびきの村」の設立に関わり、そこのリムナタラ農場とウインディーヒルズファームを担当し、調剤作りを含めバイオダイナミック農業の実践を行う。
2007年春より独自の農場設立を目指し、2008年春に更別村で就農するが借地のため移動しなければならず、2009年秋に十勝の本別町に農場ごと引越し、今に至る。
ベンのパートナー。
現在、株式会社ソフィア・ファーム・コミュニティ代表

  Ben Campbell

アメリカ、ウエストバージニア州出身、ブロック建築家を長くしていたが、地球を癒したいと思い立ち有機農業を始めた。バイオダイナミック農業を知り、地球を癒す方法はこれだ!とひらめき、テネシー州のバイオダイナミック農場で研修。
2007年 ジョセフィンポーターバイオダイナミック研究所でこのみに出会い、共に日本のバイオダイナミック農業の発展を目指す。このみのパートナー。

Ben Campbell from southwestern Virginia. Born in 1957. Bricklayer by
trade, farmer at heart. Ben has been gardening organically for over 12
years on his small farm in VA and wants to help heal the Earth. He is a
brick oven builder and an apprentice baker. Ben decided to devote the rest
of his life to the Biodynamic movement in April 2007. Apprenticed with
Jeff Poppen BD farm in TN until Dec 2007 Moved to japan with wife Konomi in
February 2008. Then Ben & Konomi started Sophia Farm Community since then.
 
光の建築家✨Neo

光の建築家✨Neo と申します。

1990年に藤本宗弘建築デザイン事務所を設立、
主に住宅建築の設計をライフワークに。

2003年から母と2人で中国に10年ほど定住し、
環境・景観・都市・建築などの設計を手がけてきました。

2020年の春、特別なご縁から北海道に移住、
ソフィアファームコミュニティのメンバーに参加させていただきました。

コミュニティでの私の役割は、
ベンさんとこのみさんのバイオダイナミック農法を学び、
実践しながら地球の大地を癒していくこと。

そして、その体験を生かし、”光の建築家”として、
110haのバイオダイナミックファームのマスタープランの設計と建設。

それにともない、新しく生まれ変わるコミュニティに、
たくさんのメンバー(ファミリー)を迎えるための準備などを
ライフワークにしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

光の建築家✨Profile
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=147888979439028&set=pcb.147889386105654&type=3&theater
藤本宗弘 / facebook adress
  立花 愛

神奈川県出身で、ここに来るまでは京都や大阪にてインドアグリーンの販売、庭の施工などに携わっていました。
ですが学生時代に経験した農業のアルバイトや、オーストラリアでの自給自足的な生活をしているときが、一番自分らしくいられた気がして、農を生業にしようと決めました。
今はファーム内のタイニーハウスに住んでいて、家の目の前には畑と、少し遠くには牛の放牧地があり、とってもきれいな景色の中で暮らしています。(電柱がないって素晴らしい)
▲TOP


リンク (Link)
▲TOP



--- お問い合わせ(Contact us) ---
北海道中川郡本別町西美里別707-1 ソフィア・ファーム・コミュニティー
May Peace prevail on Earth!

Copyright © 2008-2021 ソフィア・ファーム・コミュニティー. All Rights Reserved
Produced by Press328.com